理念と沿革

大学図書館は、本学の掲げる教育・研究の理念・目標を支えるための基盤的な施設として、図書、雑誌、その他の学術情報を収集・整理・保管し、教職員・学生等の利用者に対して迅速かつ的確に提供するとともに、図書館報やホームページ等を活用して、図書館で生産される「知」の情報を有効に学内外に発信することを理念および使命としています。大学図書館は、この理念と使命の実現を通じて、大学の教育・研究の進展に寄与し、その成果をとおして社会の発展に貢献することを目的としています。
大学図書館はこのような理念と使命を実現するために次のような目標を掲げて邁進しています。

大学図書館の理念と目標

学術情報収集機能の一層の強化を図る

近年急速に普及してきた電子ジャーナルやオンラインデータベース等の電子媒体資料を、従来の紙媒体資料とともに一層充実し、本学の教育・研究からのニーズに迅速かつ効果的に応えていきます。

電子図書館的機能の充実を図る

ネットワーク社会の進展を背景として、大学図書館の学術情報の受信・発信基地としての役割はこれまで以上に重要なものになります。そのため、学術ポータルの構築を行うことなどによって電子図書館的機能の強化を図り、教育・研究に対して一層の支援強化を行います。

利用しやすい機能的な図書館を目指す

利用しやすい機能的な大学図書館を目指して、施設・設備面および管理運営の改善と工夫に努めます。学生の自学自習活動のための快適な空間の創出と利用教育のさらなる充実を図っていきます。研究者に対しては、国内外の学術情報の迅速かつ的確な提供機能の強化に努めます。そのために他大学・他機関との連携を一層強化していきます。さらに、本学の教職員・学生が、大学図書館の保有する図書・資料等の学術情報や施設・設備を媒介として「知的交流・創造の場」として生き生きと活用することができるような工夫と環境整備に努めます。

開かれた図書館への取り組みを強化する

本学では地域に開かれた大学として、さまざまな社会貢献プログラムを政策として打ち出しています。これに連動して、大学図書館としては本学中高等部生、卒業生および一般市民への図書館開放や、近隣の公共図書館との連携を一層強化するなど、社会貢献への模索を続けていきます。
<< 大学図書館の目的、目標、方針について >>

大学図書館の沿革

1889年(明治22) 神戸市東郊原田村にウオルター・R.ランバスによって神学部、普通学部からなる関西学院設立
校舎1階の30畳の広さに仮チャペルと講堂を兼ねた書籍室が設けられ、書籍館(しょじゃくかん)と称した。初代館長はJ.C.C.Newton
1895年(明治28) 神学部巡回文庫を新設
巡回文庫図書目録一覧(附貸出規則)の刊行
1908年(明治41) 本館に3階部分が増設され、その半分が図書館にあてられた。名称を書籍館から図書館に変更
1912年(大正元) 「私立関西学院附属図書館規則」を制定
1921年(大正10) 図書館職員・中島猶治郎、ニューヨーク図書館学校に2年間の公費留学
1922年(大正11) 中央講堂が竣工し、ブランチ記念講堂(現神戸市立王子市民ギャラリー)が図書館として用いられ、初めて独立の建物となった
1929年(昭和4) 西宮市上ケ原へのキャンパス移転を記念して、竹中工務店社主竹中藤右衛門氏から時計台を擁した図書館の寄贈を受けた
1930年(昭和5) 関西学院附属図書館から関西学院図書館へ改称
1932年(昭和7) 大学令により関西学院大学の設置が認可された
1934年(昭和9) 図書館報『時計台』の発行開始(年2回刊、第6号で休刊)
1942年(昭和17) 蔵書5万冊を記念して講演会を開催(寿岳文章「十八世紀の英国出版事情」、大道安次郎「スミス経済学の国民性」、北野大吉「関西学院とオウエン研究」)
1944年(昭和19) 戦時体制下、図書館時計台に掲げられた英文エンブレムが撤去されたり、金属供出によって正面の鉄製手摺も取り外され、建物全体が迷彩色に塗り替えられるなど暗い時代となる
1948年(昭和23) 新学制により「新制大学」となる
1954年(昭和29) 『関西学院図書館略史』の発行(創立~1953年度)
1955年(昭和30) 時計台の両翼の拡張と第1書庫部分の増築完成
1956年(昭和31) 公選制による初代館長として実方清文学部教授が第7代館長に就任
1960年(昭和35) 私立大学図書館協会第21回総会・研究大会を本学で開催
1963年(昭和38) 第1書庫裏側に新館増築工事完成
1965年(昭和40) 「資料の利用に関する関西四大学図書館相互協力規約」締結
1968年(昭和43) 第2書庫完成
1971年(昭和46) 図書館報『時計台』を復活し第1号発行
第3書庫完成。第3書庫2階を開架室として利用者に公開、3階に古文書整理室、4階に貴重図書室を設置
1973年(昭和48) 増築部分に新事務室、保存書庫、自由閲覧室を新設。
時計台西面に文字盤と針が付設され四方から時刻が見えるようになった
1974年(昭和49) 旧館1階に視聴覚室開設。2階には雑誌室を設置
「私立大学図書館協会阪神地区相互利用協定」が発効
1975年(昭和50) 「総合図書館規程」制定
1976年(昭和51) 「大学図書館規程」を制定し、関西学院大学図書館としての位置付けを明確化
「兵庫県大学図書館協議会資料相互利用規約」発効
1980年(昭和55) 蔵書約50万冊
1981年(昭和56) 「大学図書館規程」を制定し、関西学院大学図書館としての位置付けを明確化
「兵庫県大学図書館協議会資料相互利用規約」発効
1985年(昭和60) 私立大学図書館協会常任理事校に就任(2年任期)
1986年(昭和61) 「大学図書館建設に関する第一次答申」が大学評議会で承認
事務トータルシステム開発の一環として図書館パッケージシステム「BIBLION」の採用と学術情報センターとの接続を決定
1987年(昭和62) 「大学図書館建設に関する第二次答申」(最終答申)が大学評議会で承認され大学案となる
1988年(昭和63) 新大学図書館の建設位置、規模を理事会で決定
新大学図書館管理運営問題検討委員会の設置を大学評議会で決定
図書管理システム稼動
1989年(平成元) 関西学院創立100周年
新大学図書館完成に向けて「第一次収書計画」の実施(5年計画)
雑誌管理システム、貸出返却システム稼動
「特別図書規程」制定
北アメリカに大学図書館視察団派遣
1992年(平成4) 学術情報センターILLシステムに加入
第1回学術資料講演会および特別展示を開催
1993年(平成5) 新大学図書館建設工事着工
蔵書検索システム(OPAC)稼動
1994年(平成6) 新大学図書館開館に向けて閲覧課雑誌室を雑誌資料課として分離独立させ4課体制となる
「第二次収書計画」の実施(4年計画)
1995年(平成7) 阪神淡路大震災により書架倒壊等大きな損傷を受ける
新大学図書館第1期開館
総合政策学部設置に合わせて神戸三田キャンパスに大学図書館分室を開設
新大学図書館開館記念コレクションの購入決定
蔵書約100万冊
1997年(平成9) 新大学図書館アート計画の決定
新大学図書館グランドオープン
大学図書館ホームページの公開
1998年(平成10) 大学図書館の一般公開開始
西宮市立図書館、三田市立図書館と相互協力協定締結
1999年(平成11) 図書館システムをBIBLION21に移行(2000年対策、分館機能付加等)
新大学図書館が第15回日本図書館協会建築賞受賞
夜間大学院のための教育・研究条件整備のため22時まで図書館を開館延長
2000年(平成12) J.C.C.Newton賞を創設し図書館カードを有する学生、院生等から懸賞作品募集を開始
2001年(平成13) 神戸三田キャンパス図書メディア館の開館
理学部の三田移転に伴ない、西宮上ケ原キャンパス図書館の自然科学系図書資料を図書メディア館へ移設
2002年(平成14) 新図書館システム(iLiswave)に移行
2003年(平成15) 事務組織を改編し4課体制から2課体制に移行
国立情報学研究所目録システム地域講習会の開催
東京丸善において学外展示「近代への扉~関西学院大学図書館所蔵資料展~」を開催
年末・年始特別開館の実施
大学図書館の防災訓練実施
2004年(平成16) 日曜開館の実施
ホームページ上にデジタルライブラリーを構築
マイクロコンテナサーバー機増設(収容力10万リール)
大学図書館利用者実態調査の実施
蔵書約140万冊
2005年(平成17) EUIJ関西ライブラリーの開設
阪神・淡路大震災関連図書資料コーナーの設置
2006年(平成18) 第67回私立大学図書館協会総大会・研究会を開催
教員対象利用実態調査の実施
2007年(平成19) 関西学院大学機関リポジトリの稼動
2008年(平成20) 書架狭隘化による図書・資料の学外保管開始
神戸三田キャンパス図書メディア館のVI号館への移転
大学図書館利用者実態調査の実施
2009年(平成21) 「先生のおすすめの本」コーナーの設置
「新聞書評掲載図書」コーナーの設置
2010年(平成22) 西宮上ケ原キャンパス大学図書館の閲覧座席増設
「レポート・論文作成関連図書」コーナーの設置
2011年(平成23) 基礎演習対象の大学図書館講習会をリニューアルして全学的に実施
2012年(平成24) 「大学図書館関連規程」の改正
大学図書館利用者実態調査の実施
2014年(平成26) 『関西学院大学図書館史:1889年~2012年』の発行
『関西学院大学図書館史:1889年~2012年』(PDF版)

PAGE TOP