INFORMATION

共 通

デジタルライブラリ「関西学院と聖書」に『ルター訳新約聖書』を追加

デジタルライブラリ「関西学院と聖書」に『ルター訳新約聖書』を追加

本資料は1530年刊のマルティン・ルター(1483-1546)のドイツ語訳『新約聖書』です。ルター訳聖書は1522年9月の『新約聖書』(通称『9月聖書』)が最初で、1534年に新旧約を合わせた完訳『旧約・新約聖書』が出ています。この聖書はこの完訳前の最終段階の『新約聖書』のひとつです。

ルター訳聖書は、当時のカトリック教会で唯一公認されていたラテン語聖書(ウルガタ)も参照しつつ、ギリシア語・ヘブライ語の原典から自国語に訳したことが特徴です。宗教改革の進展に寄与し、ヨーロッパの自国語聖書研究に刺激を与え、ドイツ語の発展にも影響を与えました。デジタルライブラリ「関西学院と聖書」より全頁が公開されておりますので、ぜひご覧ください。

ルター訳新約聖書<クリックでリンクを開く>